スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブホテルで不倫1 浮気妻

 子供が大きくなってくると、育児に費やす時間もそのぶん少なくなっていき、暇を持て余すようになった。そこで私は、パートに出ることにした。28歳のことである。

 高校時代にコンビニバイトをした経験があったので、まあ似たようなものだろうと思い、全国展開しているスーパーマーケットでのレジ打ちを選んだ。
 仕事は順調だった。パート仲間は良い人ばかりだったし、仕事内容もごく単純なもので、すぐに慣れることができた。
 唯一の社員である店長は、30を過ぎたばかりで、店長としては若い方だが、仕事はよくできた。いつもにこにこしていて、パートに怒鳴ったりしたところなんて、見たことがない。一見、理想的な店長であるように思えた。
 しかし店長には大きな問題があった。無類の女好きなのである。アルバイトの女子高生からパートのおばさんまで、年齢を問わず手を出すような男だった。店長は30代だが、外見は大学生でも通るくらいに若々しかった。顔立ちの整った店長が迫れば、落ちない女はそういなかった。
 私も、パート仲間からその旨を忠告されていたにもかかわらず、愚かにも毒牙に掛かってしまった。いや、まあ、別にレイプされたわけではないので、毒牙に掛かったというのは言い過ぎかもしれないが。

 店長に初めて抱かれたのは、全く唐突な成り行きからだった。パートを始めて半年ほどのことである。店長とはよく雑談を交わしていたが、プライベートで会ったりしたことはなく、まさか店長がそういうつもりでいたとは思わなかったので、私は完全に無防備だった。
 その日、パートの間でインフルエンザが流行っていて、あまりの人手不足のため、昼勤務の私は、無理をして22時の閉店まで働いた。子供の迎えやご飯の用意を夫に任せてしまうことになり、勤務中もそれが若干 気になりはしたが、一日だけのことだからと自分に言い聞かせた。
 閉店作業が終わったのは、23時近くになってのことだった。店長は感謝の言葉を繰り返していた。他の店員がみんな帰った後、私も帰宅の準備を済ませて更衣室を出た。更衣室からスーパーを出るには、事務室を突っ切らなければならない。その事務室で、店長が待っていた。
「お疲れさま、伊吹さん」
 店長はそう言って私の肩を軽く叩いた。
 普段なら有り得ないくらいの馴れ馴れしい行為に、私は内心で驚いたが、表面上は何とも思っていない風を装った。
「お疲れ様です」
 軽く頭を下げて、店長の横をすり抜けようとする。
 しかし店長は、自然な動作で私の進路を阻んだ。
「いつも頑張ってくれて助かるよ。今日なんて、伊吹さんがいなかったら、臨時休業を余儀なくされていたかもしれない」
「いえ、そんな……」
 いくらなんでも臨時休業はないだろう、と思ったものの、褒められるのは悪い気分じゃなかった。
 しかしそれ以上に、私は緊張していた。店長の雰囲気は明らかにいつもと違っていた。
 まさかという思いがあった。子持ちの人妻を手籠めにしようとするだなんて、予想外のことだった。
「スタッフの少ない状況で朝から働いて、疲れたでしょ?」
 言いながら店長は私の肩を揉んできた。
「結構 凝ってるみたいだね」
「…………」
 私は、なんて反応をすればいいか判断できず、ただ黙っていた。
 店長のことは嫌いではない。もっと言ってしまえば、もし結婚前に出会っていれば、きっと恋していただろう、とすら思う。けれど、現実には、私はすでに結婚していて、子供だっているわけで……。
 動揺している私の肩を揉みほぐしながら、店長は顔を寄せて、呟くように言った。
「ほら、座って」
「…………」
 店長に肩を押されて、私はパイプ椅子に腰を下ろした。まあ、押された力なんて、ほとんどあってないようなものだったから、仮に全く押されていなかったとしても、やはり同じように座っていたかもしれない。
 店長は、優しい言葉を掛けながら、肩揉みを続けた。
 彼の下心は、この時点ですでに明らかだったけれど、嫌な気はしなかった。店長、イケメンだし。積極的に抱かれたいと思っていたわけではないが、店長がそれを望むのなら、まあ……。そのくらいの気持ちはあった。
 時折、鎖骨の辺りにまで指が這いずってきても、私は、嫌がる素振りを全くしなかった。どころか、笑顔で応対した。
 それによって、お互いの意思を確認し合うことに成功した私たちは、店を閉めた後、ラブホテルに向かった。

ラブホテルで不倫2 懐かしいエッチ

 ラブホテルに入ったのは、女子大生の時 以来だ。当時は彼氏だった現在の夫と、手を繋ぎながら入った記憶は、今でも薄れることがない。初体験は19歳だった。二回目以降のセックスは、彼の家ですることがほとんどになったため、ラブホテルの利用は、その一回だけである。

 店長は車でラブホテルに入り、立体駐車場を上がっていき、五階で止まった。車を降りると、すぐ近くに室内への扉があった。そこに入ったら、今度は目の前に部屋のドアがある。誰にも見られることなく部屋まで行けるので、私たちのような不倫には最適というわけだ。
 夫と入ったことのあるラブホテルとは、色々と違っていた。あの時は、他の利用客と擦れ違うことが普通にあったし。まあ、あれは安っぽいところだったから、当然かもしれない。
 ここが特別高級というわけではないけれど、設備にそれなりのお金を掛けているようだし、清潔感を保とうという努力は見られる。

 部屋に入ると、店長は直後にキスをしてきた。肩を強く掴まれたので、私は拒絶することができず、店長の舌を受け入れざるを得なかった。
 店長は、キスをしながら私の胸を揉んできた。服の上からとはいえ、エッチな触り方だった。
 私は、胸を揉まれて感じことがほとんどないのだけれど、店長に揉まれていると、なんだか身体が熱くなってきた。撫でるようでいながら、力が入っていないわけでもない、そんな絶妙の触り方だ。
 こんな手付きで股間を責められたらどうなってしまうのか。想像するとパンティに湿り気を感じた。
 どうやら店長は、相当に女性経験があるらしい。女遊びを数多くこなしていると言うか。下品な言い方をすると、ヤリチンということ……。
 私との性行為しか経験のない真面目な夫とは、正反対の男性だ。もちろん、それは普段の言動からおおよそ察しはついていたが、こうして現実に直面すると、改めて期待を抱いてしまう。一体どんなセックスが待っているのだろう、と。
 私は思わず内腿を摺り合せた。

 しばらくして私たちは唇を離した。
 店長の手は、私の胸から少しずつ下がっていった。服の上を滑り、下腹部を通過して、股間へ。
 そこで私は店長の手を押さえた。
「あ、あの……」
 股間を触られるだけなら構わなかった。むしろ望んでいることだ。けれど、その先もこのまま続けるとなると、ちょっと待って欲しい。まだシャワーを浴びていない。一日ずっと仕事をしていて、たっぷりと汗を吸った下着を、他人に嗅がれたくはない。
「どうしたの?」
 店長は、優しい声で聞いてきた。
 分かっていてとぼけているような感じではなさそうだ。それはいいのだけれど、こうなると、どうやっても察してくれなさそうに思える。
 仕方がないので私は言葉を続けた。
「シャワーを……」
 なんだか、自分から言い出すのがひどく恥ずかしく思えた。すでに子供も産んだ人妻だというのに、女子大生時代の気持ちが蘇ってくるような……。
 慣れきった夫とは決して味わえないこの感覚。不倫をやめられない世の母親の気持ちが、少し分かった。
 私はこれ一回きりの思い出のようなもので、別に浮気を継続する気なんて更々ないのだけど。たぶん。

ラブホテルで不倫3 シャワールームで愛撫

 何度かの遣り取りの末、店長と一緒にシャワーを浴びることになってしまった。
 甚だ不本意だったが、断り続けていたら押し問答になりそうだったので、承諾せざるを得なかった。あんまり嫌な空気になっても困るし……。
 店長はさっさと全裸になりシャワールームに消えてしまったので、私はゆっくりと服を脱ぐことができた。
 店長に気を遣われたのかもしれない。一緒だと私が脱ぎにくいだろうという……。さすがに考え過ぎかもしれない。ただ単に、さっさとシャワーを浴びたいだけなのかも。

 全裸になりシャワールームに入ると、店長は「こっち来なよ」と言って手招きしてきた。
 私は「はい」と言って彼に近付いた。
 シャワールームは湯気で視界が悪くなっていたので、羞恥を感じることはあまりなかった。
 店長の間近まで行くと、腰を掴まれ抱き寄せられた。温かいシャワーが私の髪を濡らし、身体に流れていく。
 シャワーを浴びながら私たちはキスをした。けれど唇はすぐに離れる。店長の手が私のお尻を撫で回してくる。
 私は、敏感な箇所をいつ刺激されるのか、胸を高鳴らせながら待ち構えていた。夫とのセックスでは久しく感じていなかった昂揚感を自覚すると、ますます興奮が高まる。
 やがて店長はシャワーを止め、ボディーソープを手に垂らした。そして私の身体にそれを塗り付けてくる。
 私は、うぶな少女のように「んっ」と言って小さく震えた。ぬるぬるとした感触がとても心地良くて、敏感な箇所を触られるまでもなく、つい声を漏らしてしまう。
 下腹部を彼の手が滑るだけで、私は股間を疼かせた。

 店長の手は背中や腰を這い回るだけで、なかなか股間に来なかった。
 私は我慢できず店長に自分から抱き付き、唇を求めた。
 店長は、私の求めていることがすぐに分かったらしく、唇を合わせてくれた。
 私の方から舌を差し込むと、彼の舌に熱烈な迎え入れ方をされた。激しく絡み付かれ、強く吸われたのだ。
 キスをしながら私は店長に もたれかかり、自分の股間を彼の太ももに擦り付けた。それだけで私は甘い快感に浸ることができた。

 店長の手がついにお尻の谷間に侵入してきた。ボディーソープに濡れた手は、肛門とその周辺を粘液まみれにした後、さらに伸びて、陰唇にまで達した。
 そこに触れられただけで、私の脊髄に、ぞくぞくとした震えが走った。幸福感にも似た快楽だった。私はたまらず彼の太ももにさらに股間を押し付けた。
 クリトリスが擦れ、快感が膨れ上がる。
 そんな中、後ろから彼の指が膣口に入り込んでくる。
 私は彼に しがみ付き、体重を預けた。
 立っていられないほどの快感なんて初めてのことだったが、不思議と恐ろしくはなかった。
 彼の指が膣内を掻き回し始めると、後は早かった。
 私は官能の荒波に翻弄され、気付くと絶頂を迎えていた。
 これまでになく強く彼を抱き締めながら、大きく口を開けて荒い息を吐き出す。膣壁で指を食い締めたことで、私が今まさに絶頂していることを、彼も感じ取ったことだろう。
 なんとも野性的なイキ方だな、と自分でも思う。できることなら、口を閉じて、表情は軽く困り顔になるくらいで、可愛らしく脱力するのが良い。そういうお淑やかな絶頂を披露したいものだ。
 しかし現実は、まるで発作を起こしたかのように、切羽詰まった呼吸を繰り返し、全身に無駄な力が入ってしまうのだった。

ラブホテルで不倫4 熱心なフェラチオ

 シャワールームから出て、さっそくベッドに上がる。
 その後も、しばらくお互いの身体を触り合った。まるで10代の恋人のように、甘いペッティングを繰り返す。ラブホテルの薄暗い照明だけとはいえ、明かりの下で裸身を晒すことに私はずっと抵抗を感じていたが、今回はなぜかそんなこともなかった。店長に見られることに、気恥ずかしさはあるものの、それすらもどちらかと言うと心地良かった。
 そのうち、私の手は店長の股間に向かうことが多くなった。最初は彼の胸や太ももに撫でることが多かったのだけれど、それだけでは満足できなくなってきたのだ。もっと店長を気持ち良くしてあげたい。そのような奉仕精神じみた欲求が湧き上がるのは、初めてのことだった。
 店長のペニスは熱く勃起していた。夫のモノよりも一回りは太く、逞しかった。軽く握り込むと、掌からその熱が伝わってくる。
 ペニスの先端が少し濡れているのを見て、私は嬉しく思った。先走り液という奴だ。店長も私との行為に興奮してくれているのだと分かるだけで、胸が満たされた。
「舐めてくれる?」
 店長が、甘えるように言った。
「はい、いいですよ」
 私は、当然のことのように承諾した。
 フェラチオを進んでしたいと思ったことはなく、今だってそれはあまり変わらないが、店長が望むのであれば、その期待に応えることもやぶさかではない。そんな気分だった。

 ベッドの上で座り込んでいる店長の股間に、私は屈み込んで顔を埋めた。頭を低くした四つん這いのような格好だ。
 まずは、カリ首の辺りをひと舐めした。
 するとペニスがピクリと反応してくれた。
 反応がダイレクトだと、こちらも遣り甲斐がある。私は何度も舌を這わせながら、陰茎を下っていった。
 根元付近を、くすぐるように舐め回す。
 ペニスはたまにヒクついていた。
 微妙な刺激ばかりで店長は焦れていることだろう。
 たっぷりと準備をしてから、私は亀頭を口に含んだ。先っぽだけを咥えた状態で、軽く行ったり来たりして、唇を滑らせる。その後、陰茎を深々と咥え込む。
 これ以上 焦らすのは可哀想なので、私はすぐに顔を上下させ、唇でペニスをしごき上げ始めた。
「ああ、いいよ、気持ち良い……」
 店長は満足そうに言いながら、私の頭を撫でてきた。
 普段の私なら、まるでペットに対するようなその仕草に、若干どころではない苛立ちを感じていただろう。けど今は、ただ単純に嬉しく思った。
 自然とフェラチオにも熱が入る。
 顔を上下させながら舌でも刺激するなんていう、いかにもな奉仕すらしてしまう。個人的にはなんだか媚びてるような感じがするので、やったことはなかったのだけれど。
 さらには、ジュボジュボと音が鳴るように唇の締め付け加減を調節してみたりもした。これはちょっとわざとらしかったかもしれない。それに、滑稽な印象を店長に与えてしまったかも。

 フェラチオを続けているうちに、店長も動き始めた。私たちは、互いに横向きで寝て、相手の性器をしゃぶり続けた。
 店長にオマンコを舐められているたびに、私はフェラチオを中断して、快感に身体をくねらせた。しかしそれも最初の方だけで、だんだん慣れてくると、店長の舌に感じ入りながらフェラチオを続けることもできるようになっていった。
プロフィール

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。