スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処女教師と男子生徒1 男日照り

 学生時代の私はモテていた。自分から男子にかかわるようなタイプではなかったけれど、顔は悪くなかったので、ちょくちょく告白された。悪くなかった、というのは控え目に過ぎるかもしれない。有り体に言えば美少女だった。モテないはずはない。
 だけど、私は引っ込み思案な性格をしていたので、なんやかんやと理由を付けて恋愛から逃げていた。相手が好みじゃないからとか、勉強で忙しいからとか。前者はともかく、後者は完全にただの言い訳なのだけれど。
 まあそのおかげもあって、地元でそこそこの国立大学に入ることができた。そこでちゃんと男と向き合えば何の問題もなかったわけだ。
 しかし教師になることを目指していた私には、大学でも結構な勉強量が必要だった。それだけならどうとでもなったろうが、私が目指していたのは英語教師で、教師になるからには英語をせめて日常会話くらいはこなせないと駄目だと思い、長期の休みに入るたびに留学したりしていた。
 そんなこんなで、大学を卒業しても男と付き合った経験がなく、24歳になる現在でも処女のままとなってしまった。忙しさにかまけて恋愛を面倒臭がっていた結果だった。
 もちろん、今でもモテる。職員室ではダントツの一番人気だ。
 けど、独身男性の少ない学校に運悪く配属されてしまったせいで、私に言い寄ってくるのは既婚者ばかりだった。処女にして不倫なんて冗談じゃない。
 数少ない独身男性は、どうやら私と同じく異性に消極的な者しかいないらしく、まともな会話はなかった。
 街を歩けばわりと頻繁にナンパされるけれど、知らない男に付いていく勇気なんてあるわけもない。
 しかし私も性欲は人並みにある。もしかしたら人並み以上かもしれない。中学生の頃から今まで、オナニーはほぼ毎日してるし。女性の平均回数がどれくらいかは知らないが。

 誓って言うが、男子生徒に手を出すようになったのは本当にたまたまで、別に最初から狙っていたわけではない。そのために中学教師になったのでは決してない。
 まあ、私の方から手を出したわけなんだけど、欲求不満の状態で青い果実を前にすれば、誰だっておかしなことを考えてしまうものだと思う。もし私を糾弾する人が出てきた時は、多少はその辺も考慮してもらいたい。
 ほら、教師が生徒に手を出したなんて、よく聞く話だし。
関連記事

処女教師と男子生徒2 介抱

 7月の暑い日のことだった。
 初めて禁断の果実を食したその日、私はひとりの男子生徒を介抱した。
 その子は、グラウンドで行われた全体朝礼で貧血となり、保健室に運ばれたのだった。
 出張で保健の先生が不在の日だったので、彼の顔色が良くなるまで、たまたま朝イチで授業のない私が看ていることになった。といっても、ベッドの隣でパイプ椅子に腰掛けていただけなのだけれど。
 彼は別に気を失ったわけではなく、終始 意識がはっきりしていたので、少し休めばすぐに回復するだろうことは明らかであり、私がすべきことは特になかった。
 彼が深刻な疲労困憊状態であったなら、私に転機が訪れることもなかっただろう。
 その子は大人しくベッドで横になっていた。寝ているのかどうなのか、仰向けで目を瞑り静かに呼吸している。
 肌の綺麗な子だった。女の子と見間違いなそうな顔立ちをしている。美少年といってもいいくらいだ。
 穏やかな表情だが、さっきまで気分が悪かっただけあって、彼はたっぷりと汗を掻いていた。中学生でありながら体臭はすでに男のそれだった。
 汗の臭いを嗅いでいるうちに私は落ち着きを無くした。保健室には他に誰もいないことが分かりきっているのに辺りを見回したり、何度も姿勢を正したり。
 そうしている間にもますます平常心を失っていった。
 自分では何が起きているのかよく分かっていなかったが、無意識に手を股間に当てていたことに気付き、ようやく事態を悟った。
 欲情しているのだ。自分の生徒に。
 それを自覚したからといって、抑制が働くことはなく、むしろ自分の異常性に触れて私は余計に興奮してしまった。

 官能的な欲望と自制心との間で揺れ動いた末に私は言った。
「三笠くん、汗を拭いてあげようか?」
 返事はなかった。目を瞑っているから寝ているのかもしれない。
 そして私は思った。寝ているのなら、少しくらい触っても気付かれないのではないか。
 完全に冷静さを欠いた思考だが、興奮していた時はその愚かさを微塵も理解できていなかった。
 私はタオルを持ち、恐る恐る手を伸ばした。
 タオルで頬を少しだけ撫でると、三笠くんは唐突に目を開け、戸惑った目で私を見た。
 寝てなんかいなかったんだ、と私は思った。話し掛けられたのがいきなりだったために、とっさの反応ができず、結果的に寝たふりをすることになったのだろう。
 私は慌てて言った。
「あ、ごめんね。起こしちゃった? 汗が凄いから、寝苦しいかと思って」
 私の言葉を三笠くんがどこまで信じているのかは判然としなかったが、彼の目から非難の意志は感じられなかったので、私は再び尋ねることにした。
「汗を拭いてあげましょうか……?」
 彼は小さく頷いた。
関連記事

処女教師と男子生徒3 エッチな先生

 三笠くんは大人しい生徒だった。
 私に顔を拭われている間も、黙ってされるがままにしていた。
 首筋を拭われても何も言わなかった。カッターシャツを脱がされても、Tシャツを脱がされても、やはり何も言わなかった。
 困惑していたと表現した方がいいのかもしれないが、とにかく、自分がいったい何をされているのかという疑問を口にすることはなかった。
 あるいは分かっていたのかもしれない。分かった上で期待していたのかもしれない。
 とにかく彼は、上半身を裸にされても無言だった。

 私はタオルで彼の身体を拭いていったが、ここから先はどうしようか、なかなか判断が付かなかった。
 彼の胸に顔を埋めてみたくはあったものの、それはあまりに大胆な行動のように思えて、躊躇した。
 ここまでやっておいて何を言っているんだという感じだけど、この時点ではまだ身体を拭いていただけという言い訳も通用しなくもなかった。それが私を踏み留まらせていたのかもしれない。
 私が次に取った行動は、実に中途半端なものだった。
「こっちも拭いてあげるね」
 私はそう言って、彼のズボンに手を掛けた。
 そこまでするのは明らかに常識を外れているけれど、あくまでも汗を拭うという体裁は崩さない。そういう方針に落ち着いたのである。
「先生……」
 さすがにここで、三笠くんは抵抗の意を示した。
 だけどそれは弱々しく、私のやることを拒絶しているというより、下半身を露わにすることを恥ずかしがっているといった方が的確だろう。
「いいから、先生に任せなさい」
 私の言葉に三笠くんは黙り込んだ。
 私は、彼のベルトを緩めた。
「少し、腰を上げてくれる?」
 おそらくは従わないだろうと思っていた。拒否された後にどうやって言いくるめようかと考えながら発した言葉だった。
 しかし三笠くんはおずおずと腰を浮かせてくれた。
 私は、彼のズボンを、股間と膝頭の中間辺りまで引き下ろした。
関連記事

処女教師と男子生徒4 白いブリーフ

 白いブリーフが目に飛び込んできて私は息を呑んだ。ああ、と思った。この布一枚を隔てた先にペニスがあるのだ。
 ブリーフは一部が突っ張っていた。処女の私が見ても一目で勃起しているのだと分かった。
 期待、していたんだ。彼も。
 私は興奮を抑えきれずブリーフに手を伸ばした。
 一部がわずかに黄色くなっていたが、不思議と汚いとは思わなかった。
 そこに触れてみると、三笠くんは全身をびくりと震わせた。
「い、痛かったの?」
 私は思わず聞いた。
「いえ……」
 三笠くんは、顔を真っ赤にしながら首を振った。
 痛くはなかったらしい。急な刺激に驚いたといったところか。
 しかし、適切な扱い方を知らない私が変に弄くったりしたら、本当に痛がらせることにもなりかねない。
 とりあえずブリーフの上からペニスを撫でてみる。
 勃起したペニスが硬いということは知っていたけれど、実際にこうして触ってみると、それほどでもないような気がした。硬いことは硬い。でも、バイブみたいに無機質な硬さではない。押せばちゃんと弾力を感じる。
 撫でていても大きさが変わることはないから、おそらくこれが完全な勃起状態なのだろう。
「あ、あ、先生っ」
 三笠くんが、切羽詰まった声を上げた。突然のことだった。まあ、私からすればいきなりでも、三笠くんからすれば我慢を重ねた末に耐えきれずに口を開いたのかもしれないけれど。
「も、もう駄目です」
 三笠くんはそう言うと、全身を小刻みに震えさせた。
 ブリーフの下でペニスがわずかに動いたのを、私は掌で感じた。直後、ブリーフの中で熱い液体が何度か噴出した。
 そのたびにビュピュッと確かに音が鳴った。
「射精、しちゃったの……?」
 思わず私が聞くと、三笠くんは端正な顔を歪めて泣きそうになった。
 私は慌てて言った。
「いいのよ。三笠くんは悪くないわ。私が触ったせいだもの。だから、今から私が綺麗にしてあげる」
 三笠くんは困惑した表情をしていた。
 私は、ペニスが露出する位置までブリーフを下ろした。
 男の性臭が私の鼻を突いた。
関連記事

処女教師と男子生徒5 ペニスの臭い

 初めて嗅ぐ臭いに頭がくらくらした。
 嫌な感じはしなかった。これが精液の臭いなんだという感慨があるだけだった。
 臭い自体に官能的ないやらしさがあるわけではないけれど、精液が発している臭いなのだと思うだけで、なんだかとても淫らな匂いのように思えてきた。
 剥き出しになったペニスに私はそっと触れた。
 ペニスは精液でぬるぬるになっていた。
 射精を終えたせいか、勃起していた時の猛々しさが嘘のように縮こまっている。
 亀頭は皮に包まれていた。勃起状態なら剥けるのか、勃起しても剥けないのか、分からない。小さくなったペニスを見ても判断できなかった。
 私はペニスを握った。
 萎えた陰茎は、5本の指に隠れてしまうほど小さかった。私の親指よりも少し大きいくらいだろうか。
 ぬめっていて、柔らかくて、触り心地が良かった。いつまで触っていても飽きそうにない。
「先生……」
 三笠くんは、わずかに上擦った声を上げた。
 そういえば、と私は思った。射精した直後は陰茎が敏感になるって話を聞いたことがある。
「痛いかしら?」
 私が聞くと、三笠くんは無言で首を振った。
「そう、痛くないのね。じゃあ、もう少しこうして触っていてもいい?」
 頷く。
 どうやら痛くはないらしかった。もしかしたら我慢しているのかもしれないけれど。だとしても、今は彼の好意に甘えよう。そう思った。まだまだ触っていたかった。
「ありがとう。じっとしていてね」
 私は、陰茎を握ったまま、指を開いたり閉じたりしたり、あるいは指を滑らせたりして、その感触を心行くまで堪能した。

 精液の臭いが漂う中で、5分くらいはそうしていたと思う。
 小さくなっていたペニスは次第に膨れ上がっていき、ブリーフを突き上げていた時のように硬度を増した。
 今や私の掌には収まりきらず、握っていても陰茎の半分を包むことしかできなくなっていた。
 勃起しても亀頭はまだ大部分が皮で隠れていたが、軽く剥いてみたら、あっさりと瑞々しい粘膜が露出した。
 剥き出しになった亀頭に指で触れると、三笠くんは若干ながら腰を引いた。
 私はそれ以上 亀頭には触れないようにして、陰茎を握り直した。
関連記事
プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。