スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻レイプ2 脱衣で下着姿になる

「声を出すな」
 男に言われて、小夜子はようやく事態を悟った。
 把握できている事柄はごく限られたものでしかなかったが、何も考えることができずに疑問符を頭の中に浮かべている状況に比べれば、ずいぶんとマシになったと言えるだろう。

 小夜子は震えながら頷いた。
 男は、小夜子の身体を離し、ナイフを突き付けながら言った。
「服を脱げ。下着姿になるんだ。早くしろ」
 明確な意志を伴った言葉に小夜子は戦慄した。真っ昼間のアパートで見ず知らずの他人にレイプされようとしている。現実のことだとは信じられなかった。

 小夜子は男を見た。
 男は大柄だった。仮に男が素手だったとしても、要求には従わざるを得ないだろう。男が本気になれば、小夜子の細腕など軽く折ることすらできるに違いない。小夜子にそう思わせるだけの体格差があった。
「早く脱げ」
 男は急かすように言い、ナイフをわずかに突き出した。
 鼻先までナイフを近付けられて、小夜子は「ひっ」と声を漏らした。下半身から力が抜けていくのを感じ、慌てて尿道を締めた。あと少しで粗相をしてしまうところだった。
 小夜子は、震える手を上着に掛けた。数秒ほど躊躇した後、脱ぎ捨てた。他にどうすればいいのか分からなかった。
 男を突き飛ばして逃げるには力が足りず、男の言葉を無視し続けるには勇気が足りなかった。

 ピンク色で揃えられていたブラジャーとショーツだけになった小夜子を、男は血走った目で眺め回した。
 小夜子の目には、男が飢えた獣のようにしか見えなかった。体臭も獣のそれに似ているような気がした。顔付きも無骨で、どこか猿を思わせるところがある。
 独身時代に何かの切っ掛けで知り合うことがあったとしても、決して恋愛感情を抱く対象にはならないであろうタイプの男だった。
 しかし今は彼に対して下着姿を晒さなければならない立場に追い込まれていた。

 男は言った。
「手を頭の後ろで組め」
 小夜子は恐怖に怯えながら従った。
関連記事

人妻レイプ3 乳首責め

 実際に手を頭の後ろで組んだ小夜子は、予想以上の屈辱感を味わわされることになった。
 下着姿で取るこのポーズは、無抵抗であることを示しているばかりではなかった。脇を晒し、胸を突き出しているかのような姿勢は、いかにも卑猥だった。どうぞ好きにしてください、と自分から身体を献上しているような錯覚がした。男の性奴隷になった気分だ。
 立っている場所がキッチンであることも、小夜子の恥辱を煽った。料理をするためだけに用意された空間で下着姿にされたことにより、現状の異常性がより際立つことになったのである。

「お、お金なら、そこの棚に……」
 小夜子の視線を追って、男は扉の付近を振り返ったが、それは反射的なことに過ぎなかったようで、すぐに前へと向き直った。
「金は当然もらっていく。今はあんたの身体に用があるんだ、奥さん」
 男は低い声で言い、小夜子のブラジャーを上にずらした。
 豊かとは言えないが決して乏しいわけでもない乳房も、ブラジャーと一緒に上に引っ張られたが、やがてズレが生じ、ブラジャーから離れ、ぷるんと上下に揺れながら飛び出てきた。
「あ、あ……」
 小夜子は何度も後頭部から手を離しそうになった。手で胸を隠して男の視線から逃れたかった。
 しかし目の前で煌めくナイフが小夜子をぎりぎりのところで押し留めた。

 男は小夜子の乳首を指で摘んだ。
「い、嫌っ」
 思わず小夜子は身体をよじったが、乳首を摘んでいる男の指が離れることはなかった。
 男は、指の腹で乳首を擦り立てていった。
「…………っ」
 小夜子は唇を噛んで必死に声を押し殺した。頭の後ろで組んでいる手をぎゅっと握る。
 感じているわけではない。だが、刺激を与えられると、乳首は小夜子の意思に反して硬くなっていった。一度それが始まると、あとは早かった。あっという間に乳首が勃起しきってしまう。
「これからレイプされるってのに、感じているのか? 奥さん」
「そ、そんなこと、ありません」
 男の低い声に小夜子は大きく首を振った。
 乳首が勃起したのは、官能とは何の関係もなく、ただの生理現象に過ぎない。小夜子はそれを主張したかったが、男の機嫌を損ねることを恐れ、結局は言えなかった。

「ここはどうだ? 濡れているんじゃないか?」
 男はそう言いながら、ショーツの上から小夜子の股間をまさぐった。
「あ、嫌っ」
 小夜子は頭の後ろで腕を組んだまま、腰を後ろに引いた。へっぴり腰になっているかのような情けない格好だった。
「動くんじゃない」
 男はナイフの腹で小夜子の頬をぺちぺちと軽く叩いた。
 それだけで小夜子は顔面を蒼白にし、卑劣なレイプ魔に向かって「すみません」と言った。
 謝罪の言葉を口にしてから小夜子は後悔した。悪いことをしたわけではないのだから、謝ることはない。それなのに……。
 優越感を刺激されたのか、男はにやりと笑った。
関連記事

人妻レイプ4 恥辱の懇願

「オマンコも見てやろうか、奥さん」
 とレイプ魔は言った。
「そんな……」
「乳首だけじゃなくて、オマンコも見て欲しいんだろう?」
「見て欲しくなんて、ありません」
「いいや、見て欲しいに決まっている」
 男は、小夜子の顔にナイフの腹を這わしていった。頬をなぞり、唇をなぞり、鼻をなぞる。一通り小夜子の顔を嬲ってから、再び口を開いた。
「オマンコを見て欲しいだろう?」
「は、はい」
 恐怖に震えた小夜子は肯定するしかなかった。
「なら、言うんだ。俺に頼むんだよ。オマンコを見て欲しいのなら、ちゃんとお願いしないとな」
「み、見てください」
「何をだ。しっかり分かるように言え」
「あそこを……」
「オマンコだろう」
「あ、はい。オ、オマンコを、見てください……」
「それにはパンツが邪魔だな?」
「はい」
「どうすればいい?」
「ぬ、脱ぎます」
「違う。そうじゃない」
 男は苦笑した。しかし気分を害した様子はない。むしろ楽しんでいるようだった。
 他人のアパートの部屋に押し入っているというのに、焦っている感じは全く見られなかった。それが小夜子には不気味だった。
 今この場に誰かが尋ねてきたら男はどうするつもりなのだろうか。平日の昼間とはいえ、友人が訪れることも有り得なくはない。犯行が露見することをこの男は恐れていないのだろうか。犯人が開き直っているのだとしたらこれほど恐ろしいことはない。

「ど、どうすればいいんですか?」
 男の望む言葉が分からず、小夜子は自分から質問をした。逆らう気はないから暴力は振るわないで欲しい、という精一杯の意思表示だった。
 男は目を細めながら言った。
「俺に頼むんだ。パンツを脱がして欲しいと」
「はい」小夜子は一旦 言葉を切り、唾を飲み込んでから続けた。「お願いします。下着を脱がしてください」
「なんで脱がして欲しいんだ。理由も添えないと駄目だ」
「オ、オマンコを見て欲しいから……下着を脱がせて欲しいんです……」
 勃起した乳首と無防備な脇を晒しながら小夜子は屈辱の言葉を吐いた。
関連記事

人妻レイプ5 陰毛を弄ばれる

 男は膝を着き、小夜子のショーツに手を掛けた。
 それから、小夜子の顔を見上げ、恥辱に歪んだ表情を眺めながら、飾り気のないショーツをゆっくりと引き下ろしていった。
 手入れがされておらず無造作に生えている陰毛が露わになった。

 夫以外の男に下の毛を晒すのは初めてのことだった。
 男はショーツを膝まで下ろすと、そこから手を離して、陰毛の一部を摘み上げた。
「なかなか豪快な生えっぷりだな。剃って形を整えたりはしてないのか?」
「…………」
「どうなんだ、おい」
「あ、あまり、剃っていません」
「そうか。それでいい。小綺麗にしても男は喜ばないからな」
「…………」
 しばらくの間、男は陰毛の感触を楽しんでいた。摘むだけではなく、撫でたり梳かしたりして、時には息を吹き掛けたりもした。
 男が何か新しいことをするたびに小夜子は腰をくねらせた。それが男をより楽しませることになっているのだと認識していても、じっとしてはいられなかった。

 やがて男は陰毛を強く引っ張り始めた。
 たまらず小夜子は腰を前に突き出した。
 男はさらに陰毛を引っ張っていく。
「い、痛い、痛い、やめてください、痛いっ」
 慌てて訴える小夜子を、男はにやにやしながら見上げていた。
 頭の後ろで組んでいる手を小夜子がとうとう離そうとした直前、それを見計らったかのように男は手から力を抜いた。
 小夜子は安堵の息を吐きながら腰を引き戻したが、惨めな仕打ちに涙を流した。

 男は構わず陰毛の感触を再び味わい始めた。
 情けないポーズで陰毛を好き放題に弄られながら、小夜子は小さく啜り泣いた。
 男が陰毛弄りに飽きるまで、長い時間を要した。
 ようやく男が恥毛を解放して立ち上がった時、小夜子は重い疲労感に襲われた。しかし陵辱はまだ序章に過ぎないのだ。それを思うと眩暈がしそうだった。
関連記事
プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。