スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官能刑務官は頑張っています7 寝込みを襲う

 何事も最初が肝心だとよく言われる。だから私は、鬼塚さんが入所してきたこの初日を大事にしようと思った。
 彼女が入れられた雑居房は、全員で7人。新人は分散して配置するので、7人の中で新人は鬼塚さんだけである。
 しかし放っておいたら鬼塚さんは雑居房を牛耳ってしまうかもしれない。そしてそれを足掛かりにして刑務所全体の囚人を仕切る立場を手に入れてしまうかもしれない。囚人たちがひとつにまとまってしまうと、私たち刑務官の立場が危うくなる。
 我ながら心配のしすぎではないかとも思うが、万が一ということもある。気付いた時には手遅れだったなんてことのないよう、細心の注意を払わなければならないだろう。
 私は先輩刑務官に事情を話し、鬼塚さんに特別待遇をする許可をもらった。

 午後十時の就寝時間が過ぎ、時計の針が十一時を回った頃、私と先輩刑務官は、鬼塚さんのいる雑居房の様子を見に行った。
 扉の覗き窓からでは、中が暗くて分かりにくいが、少なくともみんな布団に入っていることは分かった。話し声も聞こえてこないので、おそらくは大人しく眠っているのだろう。
 鬼塚さんの刑務所生活初日を順調に過ごさせてはいけない。私はそう思い、雑居房の扉を警棒で激しく叩いた。静まり返っていた雑居房には、衝撃音がよく響いた。

 囚人たち7人は次々に目を覚ました。みんな困惑した顔で、目を擦ったり、身をよじったりしている。
 他の雑居房でも似たような気配がする。寝付いたばかりのところを起こされるのは迷惑だろうが、私の知ったことではない。いやむしろ歓迎すべきことか。鬼塚さんが私に目を付けられているからこそ、こんなことになっているのだ。それを知った先輩囚人たちは、鬼塚さんに良い感情を抱かないだろう。
 まあ今はとにかく鬼塚さんのいる雑居房だ。まずは、同居人たちの印象を最悪なものにする。
 私は鍵を開けて雑居房の中に入った。
 先輩刑務官も後に続く。口出しはしてこない。この場の仕切りは私に任せてくれるらしい。

「起きろ! 全員、気を付け!」
 私の号令に、雑居房の女囚7人は慌てて立ち上がり、姿勢を正した。
「今日の夕食時に使っていた箸が、一本紛失した! 鬼塚! お前が使っていた箸だ! どうなっている!?」
 言い掛かりもいいところだった。別に誰がどの箸を使うのか決まっているわけではない。鬼塚さんがどの箸を使っていたかなんて、誰にも分からないのだ。そもそも、箸は一本も紛失していない。
 けれども鬼塚さんは反論しない。先輩刑務官が後ろで目を光らせているので、さっきみたいな言葉を吐かれる心配は全くなかった。
 私は言った。
「これから紛失の懲罰を与える! 全員だ! 尻を出せ!」
 寝入ったばかりのところを叩き起こされ、さらには懲罰を受ける。囚人たちからすれば、たまったものではないだろう。今は殊勝な顔をしている彼女たちも、私たち刑務官が去れば、鬼塚さんを罵倒するに違いない。
関連記事

官能刑務官は頑張っています8 徹底的なお尻叩き

 女囚7人は、囚人服と下着を下ろして下半身を丸出しにすると、私に背を向けて、両手を頭の後ろで組んだ。お尻叩きを受ける時のポーズだ。
 私は彼女たちの尻に一発ずつ警棒を打ち込んだ。尻を叩かれた囚人は「ありがとうございます!」と懲罰のお礼を言った。鬼塚さんも同様だ。私以外の刑務官がいる時は、模範囚のように振る舞うつもりらしい。
 卑怯な女だ、と思う。高校時代もそうだった。鬼塚さんは、教師と生徒の区別なく攻撃的で、一見すると無差別にやりたい放題やっているように見えるが、実際はしっかりと相手を選んでいた。敵対すれば厄介な相手とは決して事を構えなかった。彼女の本質はあの時から変わっていないということか。であれば、やはり警戒に値するということになる。

「鬼塚! 反省しているのか!?」
 私が詰問すると、鬼塚さんは「はい! 反省しています!」と言った。全く身に覚えのないことで責められているというのに、素直なものだ。まあ、そうするより他はない状況なのだけど。
「だったら、尻打ちの追加を頼むくらいしたらどうだ!?」
 彼女の尻を警棒の先で軽く突きながら私は言った。昼間の身体検査の特にぶたれ、しかもついさっきも警棒を受けている尻は、すっかり赤くなってしまっている。警棒が触れるだけでも辛いはずだ。そのせいか、鬼塚さんは少しだけ背伸びをするかのような動きをした。しかしすぐに踵を下ろし、静止する。
「尻打ちお願いします!」
 私に尻を晒したまま鬼塚さんは言った。

 さらに彼女を追い詰めてみる。
「何発尻打ちが欲しいんだ!? 自分で決めろ!」
「…………」
 さすがにこれには即答できないようだった。少ない数を言えば私が許さないだろうし、多い数を言えばその通りに実行されるのは目に見えている。そう簡単には決断できないことだ。
「どうした! 何を黙っている!? 反省していないのか!?」
「……さ、三発お願いします!」
 鬼塚さんは若干詰まりながらも言葉を絞り出した。苦渋の選択だったろう。
「たった三発? それで反省しているつもり?」
「…………」
「全く足りない。私は十発を与えるつもりだった。差分の7発は、他の奴に受けてもらうしかないな」
 私の言葉に鬼塚さんの肩がわずかに動いた。他の囚人は無反応のまま頭の後ろで手を組んでいたが、彼女らが何を思っているかは考えるまでもない。
「じゅ、十発お願いします」
 震える声で鬼塚さんは言った。彼女も尻打ちの痛みは知っているが、しかし十回連続で叩かれるとどうなるかはまだ知らない。だからそんなことが言えるのだ。先輩女囚に睨まれるのを避けるためとはいえ、自分の言葉を鬼塚さんはすぐに後悔することになるだろう。
 まあ、自分で言おうが言うまいが、どうせ十発叩かれることになったのには変わりがないのだけれど、それを彼女が知ることはない。

 鬼塚さんの尻に思いっきり警棒を叩き付けていく際には、彼女自身に数をかぞえさせた。私が警棒を振るごとに、鬼塚さんは「ひとつ!」、「ふたつ!」と声を上げた。その声が小さい時には、容赦なく初めからやり直させた。別に声が小さくなくても私の気分次第でやり直しをさせた。

 最初は五発目でやり直しを命じた。この時は本当に声が小さくなっていた。警棒を何度も叩き込まれて尻が腫れ上がり、耐え難い痛みに襲われている鬼塚さんは、一発ごとに少しずつ声が小さくなっていたのだった。
 一発目から数え直しになってからは、さすがに同じ轍を踏むわけにはいかないと思ったらしく、頑張って大声を出していたが、しかし私は八発目で数をリセットした。鬼塚さんは「はい! すみません!」と言って素直に一に戻ったが、三周目の数え方は、叫ぶような感じだった。

 鬼塚さんの尻は、普段の倍くらいにまで腫れ上がっていた。さすがに倍は言い過ぎかもしれないが、まあ、1,5倍は行っているだろう。もう真っ赤だ。それでも私は、また五発目の時に「もう一回最初から!」と宣告した。
 さすがにこの時は鬼塚さんも動揺を露わにしていた。元から声は悲鳴のようで、彼女の苦痛が伝わってくるようだったが、とうとう態度にもそれが表れるようになったというわけだ。具体的に言うと、肩で息をするようになり、頭の後ろで組んでいる手を何度も握ったり緩めたりするようになった上、膝が震え出した。

 無慈悲にも私はここで渾身の一撃をお見舞いした。しかも前触れなくだ。雑居房に大きな音が響き、警棒が尻にめり込む感触がした。
 鬼塚さんは直立を保っていられず、後頭部からも手を離し、その場に崩れ落ちた。
「何やってる!? 鬼塚! 姿勢を崩すな!」
 私は鬼塚さんの髪を掴んで、無理やり立ち上がらせた。先輩刑務官が目を光らせているから、ここで暴れられる心配はないという判断の下でのことだ。
「ほら、尻出し姿勢を取れ! グズグズするな!」
 髪を離すと、鬼塚さんは震える手を徐々に上げて、頭の後ろで組んだ。
「膝が曲がってる! ちゃんと立て! 余計に叩いて欲しいのか!?」
 警棒を軽く尻に当てた途端、鬼塚さんの身体がびくりと震えた。そして、慌てた様子で真っ直ぐに立った。
 相当に参っているらしい。そのうち泣き出すかもしれない。ブレザーに身を包んでいた高校時代の鬼塚さんからは全く想像できない姿だ。見ていると哀れみすら感じる。しかし私はこれで終わらせるつもりはなかった。

 さらに五発をぶち込んだところで再び数え直しを命令する。ここで鬼塚さんは嗚咽を漏らし始めた。いつ終わるともしれない尻打ちに心が折れてしまったのだ。
 私は満足し、次はきっちりと十発を数えさせてあげた。最後に泣き声で「ありがとうございました!」と言う彼女を見て、とりあえず初日は順調に終わったことを確信した。
 そして、明日からもしっかりと鬼塚さんを追い込もう、と私は思った。
関連記事
プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。