スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブホテルで不倫2 懐かしいエッチ

 ラブホテルに入ったのは、女子大生の時 以来だ。当時は彼氏だった現在の夫と、手を繋ぎながら入った記憶は、今でも薄れることがない。初体験は19歳だった。二回目以降のセックスは、彼の家ですることがほとんどになったため、ラブホテルの利用は、その一回だけである。

 店長は車でラブホテルに入り、立体駐車場を上がっていき、五階で止まった。車を降りると、すぐ近くに室内への扉があった。そこに入ったら、今度は目の前に部屋のドアがある。誰にも見られることなく部屋まで行けるので、私たちのような不倫には最適というわけだ。
 夫と入ったことのあるラブホテルとは、色々と違っていた。あの時は、他の利用客と擦れ違うことが普通にあったし。まあ、あれは安っぽいところだったから、当然かもしれない。
 ここが特別高級というわけではないけれど、設備にそれなりのお金を掛けているようだし、清潔感を保とうという努力は見られる。

 部屋に入ると、店長は直後にキスをしてきた。肩を強く掴まれたので、私は拒絶することができず、店長の舌を受け入れざるを得なかった。
 店長は、キスをしながら私の胸を揉んできた。服の上からとはいえ、エッチな触り方だった。
 私は、胸を揉まれて感じことがほとんどないのだけれど、店長に揉まれていると、なんだか身体が熱くなってきた。撫でるようでいながら、力が入っていないわけでもない、そんな絶妙の触り方だ。
 こんな手付きで股間を責められたらどうなってしまうのか。想像するとパンティに湿り気を感じた。
 どうやら店長は、相当に女性経験があるらしい。女遊びを数多くこなしていると言うか。下品な言い方をすると、ヤリチンということ……。
 私との性行為しか経験のない真面目な夫とは、正反対の男性だ。もちろん、それは普段の言動からおおよそ察しはついていたが、こうして現実に直面すると、改めて期待を抱いてしまう。一体どんなセックスが待っているのだろう、と。
 私は思わず内腿を摺り合せた。

 しばらくして私たちは唇を離した。
 店長の手は、私の胸から少しずつ下がっていった。服の上を滑り、下腹部を通過して、股間へ。
 そこで私は店長の手を押さえた。
「あ、あの……」
 股間を触られるだけなら構わなかった。むしろ望んでいることだ。けれど、その先もこのまま続けるとなると、ちょっと待って欲しい。まだシャワーを浴びていない。一日ずっと仕事をしていて、たっぷりと汗を吸った下着を、他人に嗅がれたくはない。
「どうしたの?」
 店長は、優しい声で聞いてきた。
 分かっていてとぼけているような感じではなさそうだ。それはいいのだけれど、こうなると、どうやっても察してくれなさそうに思える。
 仕方がないので私は言葉を続けた。
「シャワーを……」
 なんだか、自分から言い出すのがひどく恥ずかしく思えた。すでに子供も産んだ人妻だというのに、女子大生時代の気持ちが蘇ってくるような……。
 慣れきった夫とは決して味わえないこの感覚。不倫をやめられない世の母親の気持ちが、少し分かった。
 私はこれ一回きりの思い出のようなもので、別に浮気を継続する気なんて更々ないのだけど。たぶん。
関連記事

官能刑務官は頑張っています9 恥辱の訓練

 2日目からは、刑務所内の運動場で行進訓練が行われる。
「もっと足を高く! もっと!」
 私は大声で彼女らを叱責した。
 5人の新人女囚たちは、運動場の片隅で、横一列になって壁と向かい合い、その場から移動することのない行進をしていた。つまりは足踏みである。
 これ自体は全く無意味なことだが、寸分違わぬ集団行動をさせることによって、周りに合わせるという行為そのものを学ぶのだ。それが別に行進訓練でなくても構わないから、刑務官によっては、ラジオ体操を叩き込んだり、あるいは挨拶訓練をさせたりもする。

「イチ! ニ! イチ! ニ!」
 新人5人は、自ら掛け声を上げながら行進をしている。
 彼女らの声と、土を踏み鳴らす音が、延々と続く。
 鬼塚さんを含めた今回の新人は、4人が20代で、残りのひとりも32歳である。まだまだ若い。訓練に遠慮する必要はどこにもなかった。
「鬼塚! お前だけテンポが遅い!」
 私は適当なことを言って、警棒を鬼塚さんのお尻に叩き付けた。下着と囚人服の上からなので、それほどの威力は伝わっていないはずだが、しかし鬼塚さんはビクンと肩を跳ね上げた。
 昨日 散々に叩かれたせいで、まだお尻が腫れているのだろう。
 鬼塚さんはそれでも「はい!」と言って行進を続けた。

 彼女らが手を抜いている様子は特に見られなかったけれど、なかなか動きが揃わなかった。
 まあ、慣れないことなので仕方ないのだが、それで許していては刑務官が舐められてしまう。
 壁に向かって延々と足踏みを続ける新人5人に向かって、私は彼女らの背後から何度も怒鳴り声を浴びせた。
「キビキビ動けと何度 言ったら分かるんだ!? 手足の先まで意識して!」
 たまに、不意打ちで警棒を振るう。お尻だけじゃなく、腕や太ももを打ち据えたりもする。
 標的は動きの鈍い女囚だが、もちろん、それとは別に、鬼塚さんへの集中指導も忘れない。
「鬼塚! 足の上がりが甘い! もっと高く上げろ!」
 彼女の太ももを下から警棒で突き上げてやる。
「……っ! は、はい!」
 鬼塚さんは、引きつった声で返事をした。
 けれど私は許さない。
「全然駄目! 全員、気を付け!」
 5人は行進をやめ直立した。
 足踏みの音がいきなり止まったので、耳に少しだけ違和感が残った。

 5人は真っ直ぐに立っていたが、息が切れているようで、肩が大きく上下していた。彼女らの後ろ姿を見ているだけでも、その辛さが伝わってくる。
 きっと、できれば休みたいと思っているだろうが、しかしそうはいかない。
「お前ひとりが揃ってないせいで、いつまで終わらないんだぞ、鬼塚! ちゃんとやれ!」
 ただの言い掛かりである。鬼塚さんの行進は、別に他の4人と遜色はない。それどころか、どっちかと言うと、よくできている方でさえある。
「はい! すみません!」
 分かっているのかどうなのか、鬼塚さんは大声で謝罪した。彼女を含めて女囚5人は壁の方を向いているので、どんな表情をしているのかは不明だ。
 私は容赦なく言った。
「すみませんで済むか! 連帯責任! 全員、ズボンとパンツを膝まで下ろせ!」
 新人5人は「はい!」と声を揃えて囚人服のズボンに手を掛けた。躊躇はない。初日の教育がよく効いているようだ。

 次々にズボンが下ろされ、白いパンツが露わになる。
 もちろん、下着も刑務所からの支給品である。通常なら、女性が履くパンツは小さくて、最小限の面積しかない。しかしここでのパンツは布地が大きく、おへそ近くまでカバーされている。遠目にはまるで女児用パンツのようだが、実際にはそれとは違い、何の飾り気もない。
 5人がパンツを晒しても、そこには色気も何もなかった。

 彼女らはパンツにも手を掛け、ズボンと同じく、一気に引き下ろした。
 年頃の女性が5人も一列に並んで尻を出す光景は、全く異常というしかない。娑婆ではそうそう見られないに違いない。しかも、ひとりの尻は酷く腫れているし、他の4人も赤みを帯びているので、尚更だろう。
 ズボンとパンツを膝に止めて突っ立っている彼女らの尻に、私は、一発ずつ警棒を打ち付けていった。
 一発ごとに「ありがとうございます!」という声がする。
 5回警棒を振ると、私は「ズボンとパンツを上げろ!」と言った。
 女囚5人は、「はい!」と言って、ズボンとパンツを引き上げた。
 罰を受け終えたはずの彼女らの声に、安堵や喜びは含まれていなかった。どうせすぐに再度のお尻叩きがあるに決まっている、と思っているのだろう。
 その予想は完全に正しい。
関連記事

官能刑務官は頑張っています10 下半身裸で行進訓練

 行進訓練はさらに続いた。
 私は、厳しく指導をしながら、気が向いた時に「行進止め! 尻を出せ!」と言った。
 そのたびに女囚5人はズボンとパンツを膝まで下ろした。
 従順な彼女らに私は警棒を持って応え、五発の打撃音を鳴らした後、行進を再開させた。

 それを10回ほど繰り返した後、ふと時計を見た。時刻は12時05分。午前9時に行進訓練を始めたから、およそ3時間が経過したわけだ。
 そろそろ頃合かと思い、私は11回目の尻出しを命じた。これまでのように一発ずつ叩いてから、私は言った。
「何回 同じことを注意させれば気が済むんだ、お前ら! もういい! いちいちズボンとパンツを脱いだり履いたりする必要はない! 脱ぎ捨てろ!」
 私の言葉に、新人5人は戸惑いを見せたが、逆らう気にまではなれなかったらしく、膝に止まっていたズボンとパンツを、渋々と足から抜き取り、地面に置いた。
「グズグズするな! さっさと行進を始めろ!」
 5人は、尻を丸出しにしたまま、壁に向かっての足踏みを再開した。
 上着はしっかり着ているのに、彼女らの下半身には、靴と靴下 以外には何もなかった。そのアンバランスな格好は、あまりにも滑稽だった。手と足を大きく振って足踏みをしているだけでも、間抜けな印象は拭えないというのに。
 壁の方を向いていて私に顔を見られる心配はないので、おそらく彼女たちは、恥辱とそれに対する悔しさを、遠慮無く表情に出していることだろう。

 やがて、先輩女囚 約40人が、運動場に出てきた。午前の労務を終え、昼食を済ませた彼女らには、交代で気晴らしの運動をすることが許されているのだ。
 尻を出したまま壁に向かって足踏みをしている新人5人を、先輩女囚たちは全く気にしていなかった。別に、新人に気遣ってそう振る舞っているわけでないだろう。女囚がこの程度の屈辱を与えられることなんて、よくあることなのだ。いちいち気にしていても意味がない。それだけである。

 先輩女囚たちは、運動時間をそれぞれに満喫していた。
 新人5人に一番近い集団は、輪になってバレーボールのパス回しをしている。
「ちょっと、今の強すぎー!」
「あはは、ごめんごめん」
 羨ましく思えるほど楽しそうな遣り取りが聞こえてくる。
 当然、新人5人の耳にも入っているだろう。
 遊んでいる先輩女囚の声を聞きながら、尻丸出しで行進を続ける気持ちは、どんなものだろうか。その答えは、5人ともが真っ赤になっている耳と、動きの悪くなっている手足が、これ以上ないくらいにハッキリと教えてくれていた。
「鬼塚! 腕が下がってきてるぞ! 足もだ! もっと上げろ!」
「はい!」
 羞恥と屈辱にまみれた声が、のどかな運動場に響いた。
関連記事

ラブホテルで不倫3 シャワールームで愛撫

 何度かの遣り取りの末、店長と一緒にシャワーを浴びることになってしまった。
 甚だ不本意だったが、断り続けていたら押し問答になりそうだったので、承諾せざるを得なかった。あんまり嫌な空気になっても困るし……。
 店長はさっさと全裸になりシャワールームに消えてしまったので、私はゆっくりと服を脱ぐことができた。
 店長に気を遣われたのかもしれない。一緒だと私が脱ぎにくいだろうという……。さすがに考え過ぎかもしれない。ただ単に、さっさとシャワーを浴びたいだけなのかも。

 全裸になりシャワールームに入ると、店長は「こっち来なよ」と言って手招きしてきた。
 私は「はい」と言って彼に近付いた。
 シャワールームは湯気で視界が悪くなっていたので、羞恥を感じることはあまりなかった。
 店長の間近まで行くと、腰を掴まれ抱き寄せられた。温かいシャワーが私の髪を濡らし、身体に流れていく。
 シャワーを浴びながら私たちはキスをした。けれど唇はすぐに離れる。店長の手が私のお尻を撫で回してくる。
 私は、敏感な箇所をいつ刺激されるのか、胸を高鳴らせながら待ち構えていた。夫とのセックスでは久しく感じていなかった昂揚感を自覚すると、ますます興奮が高まる。
 やがて店長はシャワーを止め、ボディーソープを手に垂らした。そして私の身体にそれを塗り付けてくる。
 私は、うぶな少女のように「んっ」と言って小さく震えた。ぬるぬるとした感触がとても心地良くて、敏感な箇所を触られるまでもなく、つい声を漏らしてしまう。
 下腹部を彼の手が滑るだけで、私は股間を疼かせた。

 店長の手は背中や腰を這い回るだけで、なかなか股間に来なかった。
 私は我慢できず店長に自分から抱き付き、唇を求めた。
 店長は、私の求めていることがすぐに分かったらしく、唇を合わせてくれた。
 私の方から舌を差し込むと、彼の舌に熱烈な迎え入れ方をされた。激しく絡み付かれ、強く吸われたのだ。
 キスをしながら私は店長に もたれかかり、自分の股間を彼の太ももに擦り付けた。それだけで私は甘い快感に浸ることができた。

 店長の手がついにお尻の谷間に侵入してきた。ボディーソープに濡れた手は、肛門とその周辺を粘液まみれにした後、さらに伸びて、陰唇にまで達した。
 そこに触れられただけで、私の脊髄に、ぞくぞくとした震えが走った。幸福感にも似た快楽だった。私はたまらず彼の太ももにさらに股間を押し付けた。
 クリトリスが擦れ、快感が膨れ上がる。
 そんな中、後ろから彼の指が膣口に入り込んでくる。
 私は彼に しがみ付き、体重を預けた。
 立っていられないほどの快感なんて初めてのことだったが、不思議と恐ろしくはなかった。
 彼の指が膣内を掻き回し始めると、後は早かった。
 私は官能の荒波に翻弄され、気付くと絶頂を迎えていた。
 これまでになく強く彼を抱き締めながら、大きく口を開けて荒い息を吐き出す。膣壁で指を食い締めたことで、私が今まさに絶頂していることを、彼も感じ取ったことだろう。
 なんとも野性的なイキ方だな、と自分でも思う。できることなら、口を閉じて、表情は軽く困り顔になるくらいで、可愛らしく脱力するのが良い。そういうお淑やかな絶頂を披露したいものだ。
 しかし現実は、まるで発作を起こしたかのように、切羽詰まった呼吸を繰り返し、全身に無駄な力が入ってしまうのだった。
関連記事
プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。