スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教師のご褒美はフェラチオ4 口内射精

 息つく間もなくゆかりさんは顔を引いていきます。
 彼女の唇でペニスを擦られ、俺は、あまりの気持ち良さに腹筋に力を入れました。
 ある程度まで顔を引くと、ゆかりさんはすぐにまたペニスを咥え込んでいきます。
 引いては沈んでの繰り返し。ゆっくりとしたその動作によって、ペニスと口腔粘膜が滑り合います。
 これまで数多く経験してきた手コキによって、俺は、刺激への耐性をそれなりに持っていたつもりでしたが、フェラチオの快感には全く抗えませんでした。
 蕩けるような快感の中、射精の時が近いことを悟ります。
「ゆかりさん、出そう……」
 俺はそう告げたのですが、ゆかりさんは、緩やかな顔の上下動を止めようとしません。
「出そうだよ、もう出る、本当に」
 何度 言っても、反応がありません。
 このまま出していいのだろうかということなのか? そう思いましたが、しかしいくらなんでもそんなことが有り得るのか、いまいち自信が持てません。
 俺は迷ったまま射精をしてしまいました。
 最初で最後のゆかりさんのフェラチオでしたので、全く惜しいことをしたと思います。けれど、俺としては非常に焦りました。勝手に射精して彼女に嫌われたりしないか、そればかりが気になってしました。
 それでも、まあ、射精の気持ち良さは確かに感じていましたが。
 女子大生の口内に精液を噴射する時の征服感は、格別でした。ゆかりさんは俺の足元に跪いてペニスを咥えているわけですから、余計にそう思えたのでしょう。
 彼女の喉奥に精液が叩き付けられているのが、口内全体に接触しているペニスから伝わってきました。
 ゆかりさんはペニスを深々と咥えたまま、何度か喉を鳴らしました。

 まさかまさか飲んでもらえるとは思っていなかった俺は、こう言うと大袈裟かもしれませんが、感激に心が震えました。
 それと同時に、こんなことをしてもらえるゆかりさんの彼氏に、嫉妬せざるを得ませんでした。別に彼氏が居るだなんて話を聞いたことはないのですが、ゆかりさんは美人だし、女子大生だし、俺に対してこんなことまでしてくれるのだから、彼氏のひとりやふたりは居て、セックスには慣れきっているに違いありません。
 まあ、フェラチオは非常にゆっくりで、技巧らしきものも何も感じませんでしたので、自分から奉仕したりはあまりしないタイプなのかもしれませんが。だからこそ俺に対してそうしてみたかった、とか……?
 ゆかりさんは、ペニスを吐き出すと、ティッシュで口を拭った後、「おいしいもんじゃないんだねぇ、味もあんまりしなかったし」と言った。
 どうやら、飲精はこれが初めてのようだった。というか、口に出されたのも初めてだったのかもしれない。

 秋になると、ゆかりさんと顔を合わせる機会は本当に激減しました。彼女は大学生活に忙しかったし、俺も高校受験で忙しかったのです。
 けれど、志望校に合格したのが分かった日、ゆかりさんが家に来てくれて、お祝いをしてくれました。もちろん、そのお祝いとは、フェラチオのことです。普通のお祝いもしてくれましたけれど、その後、俺の部屋でたっぷりとフェラチオをしてくれました。
 それ以降も、彼女とはちょくちょく話をすることがありましたが、なんとなくだんだん疎遠になり、いつの間にかゆかりさんはどこかへ引っ越していました。
関連記事
プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。