スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若妻フェラチオ返済1 借金嫁

 私は頭のいい人間だ。自分でもそう思う。
 だから、ピンサロ嬢に堕ちてしまったのは、ただ運が悪かっただけなのだ。

 私は東大在学中に結婚した。相手も同じ東大生だった。1つ上の先輩。いわゆる学生結婚というやつだ。
 彼は大学3年の時にIT会社を設立し、そこの社長として才覚を現していった。
 経営に専念するため彼が中退した時、私は特に反対しなかった。彼の会社ならばその価値はあるだろうと踏んでいた。
 私自身は大学に残ったが、卒業した後は秘書として彼を支えた。
 会社は買収を繰り返し、急速に大きくなっていった。このまま大企業と肩を並べる日が来るのではないか。私はそう思っていた。
 しかし甘くはなかった。一度 つまずくと早かった。会社は、設立から5年で他人の手に渡った。
 幸いにも彼が借金を背負うことはなかったが、今さら普通の生活に戻るのには大変な苦痛が伴った。私たちの身体には贅沢な暮らしが染み付いていた。
 彼は小さな会社の営業マンとなったものの、収入は心許ないものだった。
 けれど私はパートをする気はなかった。何の能もないおばさんたちと同じ扱いを受けるだなんて、プライドが許さなかったのだ。
 私は、働きに出ないことを夫にぐちぐち言われながら、家事と節約に励んだ。

 頭のいい私にこんな境遇は相応しくない。
 私は思い立ち、株取引を始めた。これまでの失敗を株で取り返そうと思った。
 1人の成功者の裏で100人の敗残者がいる世界であることは知っていた。株式市場に精通しているわけでもない私が参入するのは無謀の極みというものだが、当時の私は本気で成功できると思い込んでいた。
 信用取引にも手を出した結果、3ヶ月で800万の大損となった。虎の子の100万の貯金を失い、さらに700万の振り込みを要求された。
 最悪なことに、私は株取引を始めたことを夫に話していなかった。無断での投資だったのである。
 なんとか秘密裏に処理をしなければならなかった。私は消費者金融から借金をして、株の損失分を補填した。
 後には700万の借金が残った。これもまた秘密裏に返済する必要があったが、ここで行き詰まってしまった。営業マンの主婦にどうにかできる額ではない。
 利子すら払えずにいると、消費者金融は、待ってましたと言わんばかりに風俗店を紹介してきた。
 進退窮まった私は応じるしかなかった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。