スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻レイプ6 四つん這い強制

「床に這え」
「あ、あの――」
「さっさとしろ!」
「…………」
 男に一喝されて、小夜子は無言で従った。
 床に膝を着き、次いで手も着く。
 男に向けて裸の尻を差し出す格好になり、小夜子は羞恥に震えた。乳首や陰毛を晒すのとはまた別種の恥ずかしさがあった。

「愚図愚図しやがって」
 鬱陶しそうに言って男は小夜子の尻を平手で打った。
「…………っ!」
 力が込められていたわけではない。それほど痛くもなかった。しかし尻をビンタされる屈辱は半端なものではなかった。
 絶対に逆らえないという自分の立場を突き付けられた思いがした。
「もっと足を開け」
「……はい」
 小夜子は右足をわずかに外側に移動させた。左足も同じようにして動かす。
 陰唇が少しだけ広がり、その分だけ膣肉が露出する。
「もっとだ」
「は、はい」
 小夜子はまた両足の間隔を空けた。自分からそうしなければならないのは辛かった。いっそ、男に無理やり広げられた方がまだ良かったかもしれない。
 もしかして、男はそれを見越していて、わざと自分から手を出すことはせず、私に命令しているのだろうか。小夜子はそう思ったが、だからといって反抗することはできなかった。

 それからもさらに何度か命令され、膝と膝の距離が肩幅よりもさらに広がると、男はそこでようやく満足し、小夜子のすぐ後ろに膝を着いた。
「あっ」
 尻たぶに手を掛けれた小夜子は思わず声を上げた。
 男は意に介することなく小夜子の尻を割り開いた。
 その手は膣よりも肛門に近かった。
 肛門に狙いを定められ、そこを広げられているのだと分かり、小夜子は腰を横に逃がそうとした。
 しかし男にしっかりと尻を掴まれているため、下半身を動かすことはほとんどできなかった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。