スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻レイプ9 官能に戸惑う

 やがて小夜子は、レイプ犯の指先にぬめりを感じるようになった。もちろんオイルやローションなどではないことくらい小夜子には分かっていた。後ろに目をやって確認したわけではないが、男が道具を持ち出したのならすぐに気付くだろう。
 小夜子自身の愛液が男の指を濡らしているに違いなかった。膣から溢れ出た蜜が垂れ落ちてクリトリスまで濡らしたのだ。

 これからレイプ魔に犯されようとしているというのに、快感を得て股を濡らしている……。浅ましい現実に小夜子は胸が押し潰されそうになった。
 だが男の責めは止まることがない。
 快感もおさまる気配を見せない。
 うっすらとしか感じなかった愛液のぬめりは、あっという間に鮮明なものとなって小夜子の心を苛んだ。

 私は淫乱な人妻なんかじゃない。小夜子は自分に言い聞かせた。
 夫に抱かれるのはせいぜい3日に1回程度だけれど、自分からねだったことはなかった。そのくらいで充分に満足していた。
 独り身だった頃は、オナニーくらいはもちろんしていたが、1週間に1回もしていなかったはず。
 性欲に溺れたことは一度もない。
 自分で言うのもなんだけれど、どちらかと言えば貞淑な人妻と言ってもいいんじゃないだろうか、と小夜子はこれまで思ってきた。
 しかし、クリトリスから生まれる甘い快楽が、その認識を否定してくる。
 かろうじてこらえている喘ぎ声も、いつまで我慢していられるかは分からなかった。気を抜けばすぐにでも嬌声が漏れてしまいそうだった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。