スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若妻フェラチオ返済5 年下の説教

「もういいわ」
 しばらくして楓が短く言った。
 私はディルドウから顔を離し、手近にあったティッシュで口を拭った。いつの間にか、顎の辺りまで唾液が垂れていた。
「あんたさぁ、ちゃんと本気でやってんの? あれでフェラチオのつもり?」
「…………」
 楓の辛辣な言葉に私は身体を硬くした。
「多少なりとも自信があるような素振りをしていたけれど、とんでもないわ。そんなやり方で満足する男なんてどこにもいないからね。もしかしたらあんたの夫は違うことを言っていたかもしれない。でも、そんなの、ただのお世辞だから。全く気付いてなかったの? だとしたら、あんたの間抜け具合は相当ね。あんたの夫も、心の中じゃ呆れ返っているんじゃないの?」
 あまりの言い様に、私は思わず楓を睨み付けた。
「なによ、その顔は。あたしの言っていることのどこが間違ってるってのよ。っていうか、たとえ間違っていたとしても、殊勝な顔をして頭を下げなければなんない立場でしょうが、あんたは。風俗嬢のくせに、なに自分は特別だなんて顔をしているのよ」
 私は必死に唇を噛んだ。反論したかったが、何か言おうとしたら嗚咽が漏れてしまいそうだったので、ただ黙って耐えた。

「ちょっと、店長!」
 隣の事務室に向かって楓が大声を上げた。
 ふた呼吸ほど置いて事務所の扉が開き、店長が煙草を吹かしながら顔を出した。
「どうした、楓」
「この新入り、あたしに指導されるのが不満みたい。何とか言ってやってよ」
「ああ?」店長は私に視線を移した。「大丈夫だよな、美里。やれるよな? 借金返さなくちゃいけねえもんなぁ?」
 店長の表情は優しげだったし、言葉遣いも荒くはなかった。しかし、いつまでも言うことを聞かなかったら話は別だろう。そういう雰囲気を纏っていた。
「はい、申し訳ありませんでした、店長」
 私はそう言うしかなかった。この糞生意気な子供が気に入らないので指導係を代えてくれ、とはもちろん言えない。
「おお。それじゃ、頑張れよ」
 再び事務所の扉が閉まった。

「手間掛けさせないでよね、まったく」
 楓は鬱陶しそうに言って、私の頭を叩いた。
 ほとんど力が入っておらず、叩いたというより接触したという方が近いくらいだったが、私の目から涙が溢れそうになった。慌てて俯き、楓から顔を隠す。
 それに気付いているのかいないのか、楓は平然と言った。
「もう一度 最初からやってみ。今度はがんがん駄目出ししてくから」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。