スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

令嬢女子大生SM調教1 メス犬

 使用人に案内されて調教室に入ってきた女は、俺を見るなり、不平を隠そうともせずに唇を尖らせた。これから調教を受けようという態度にはとても見えない。まあ、どうせ虚勢なのだろうが。
 女は、Tシャツにジーパンというラフな格好をしていた。確か19歳の女子大生だったか。名前は東浜美樹という。銀行や鉄鋼や自動車など多岐に渡る企業グループを統括してきた一族のお嬢様だ。もっとも、今は何も持たないただのガキでしかない。倒産に次ぐ倒産でグループは崩壊し、美樹の両親はすでに自殺している。美樹自身はまだ生きているものの、社会的には両親の後を追って自殺したことになっている。美樹の所有権を買い取った富豪は、彼女を社会的に葬ることによって一切の人権を剥奪し、その一生を牝奴隷として飼うことにしたのだ。法律はどうしたんだ、日本は法治国家だぞ、と言いたいところではあるが、そんなものは金と権力を手にしている者たちからすれば糞の紙屑みたいなものだ。美樹を死んだことにしたいと彼らが思ったのなら、実際にその通りになってしまう。それが現実だった。

 使用人が退室して二人きりになると、俺は美樹に言った。
「聞いていると思うが、俺は、お前の躾を担当することになった柳田だ。挨拶しろ」
「挨拶?」
 美樹は怪訝な顔をして聞いてきた。自分が権力者どもの慰みものになってしまった事実は把握しているのだろうが、それが何を意味しているのかは、まだあまり理解できていないらしい。せいぜいセックスを強要されるくらいに思っているのだろう。少なくとも、鞭で泣き叫ぶ日々が待っているとは想像もしてないに違いない。

「土下座して、よろしくお願いします、と言うんだ。本来ならそれでは不十分だが、最初だから許してやる。さっさと土下座しろ」
 俺はソファに深々と座ったまま、なるべく横柄に見えるよう、顎を上げて言った。美樹は立たせたままだ。いかなる時も立場の違いは明白にしておかなければならない。
「ふざけないで」
 生意気にも美樹は俺を睨んだ。反抗的な態度を取ることによってプライドを保っているつもりなのだろう。
「お前、自分の立場がよく分かっていないようだな」
「分かっているわ。色ボケ爺どもが私の身体を買い取ったのでしょう。好きにすればいいじゃないの。けれど、私の心まで買えるとは思わないでよ」
「やはり分かっていない」
 俺はソファから立ち上がり、壁に掛けてある一本鞭を手に取った。
 壁には何種類もの鞭が掛けてある。部屋の隅には三角木馬があり、コンクリの地面にはところどころに鎖が繋がっている。ここはSM調教のための部屋なのだ。
 強がっている美樹も、部屋の様子が気になるようで、落ち着きなく視線をあちこちに動かしていた。そして、俺が鞭を手に取ったのを見ると、いよいよ怯えが態度に出てきた。
「な、なによ。何をする気なのよ」
「決まっているだろう。態度の悪いメス犬は、ちゃんと躾けないといけない。それが俺の仕事だ」
 俺は鞭を軽く振って美樹を威嚇した。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。