スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

令嬢女子大生SM調教2 初めての鞭打ち

 まだ20代で細身の優男である俺は、調教前の女から舐められることが多い。だから最初はガツンと決めなければならない。鞭で脅すのは武器に頼っているような感じがして、個人的には好きではないのだが、仕方がない。最初に決まった人間関係は容易には崩せないのだ。ここで手抜かりがあってはならない。優男の俺としては鞭を使うのもやむなしだ。
 とはいえ、俺はけっこう鍛えているから、脱げば凄いんだけどな。細マッチョというやつだ。腹筋は八つに割れている。今はスーツに身を包んでいるから美樹には分からないだろうが。
 まあ、どっちにしろ俺の身長は平均くらいだから、筋肉を見たところで威圧されることはあまりないかもしれない。そのへんは人によるといったところか。

「抵抗はしないって言ってるでしょう。レイプしたいのならすればいいじゃないの。私は何もおかしなことはしないわ」
 美樹は、やや震えた声で言った。
 俺は首を横に振る。
「そういうことじゃないんだよ。お前は俺に、土下座をしろと言われた。調教師であるこの俺に。しかしお前は従わなかった。そこが問題なんだ。というか、問題は他にも色々あるんだけどな。言葉遣いとか、態度とか、服装とかな」
「服装って、なによ」
「今から調教を受けようっていうのに、なんで服なんて着てるんだ。調教室に入って即全裸になるのが当然だろう?」
「知らないわよ、そんなの。知ってるわけないでしょう。あんた、馬鹿じゃないの」
「その言葉、よく覚えておけよ。全裸で土下座させながら復唱させてやろう」
 俺は鞭を大きく振った。
 鞭の先は、一直線に美樹の脇腹に当たった。Tシャツの上からだが、威力の減退なんて知れている。相当な痛みを与えることができただろう。
「ああぁっ!」
 美樹は脇腹を押さえながらコンクリの地面に膝を着いた。そして恐る恐る俺を見上げた。彼女の瞳には恐怖の感情が明確に浮かび上がっていた。
 俺を舐めるからこうなるのだ。美樹が調教をどう捉えていていたのかは知らないが、現実の厳しさを思い知ったことだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。