スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブホテルで不倫3 シャワールームで愛撫

 何度かの遣り取りの末、店長と一緒にシャワーを浴びることになってしまった。
 甚だ不本意だったが、断り続けていたら押し問答になりそうだったので、承諾せざるを得なかった。あんまり嫌な空気になっても困るし……。
 店長はさっさと全裸になりシャワールームに消えてしまったので、私はゆっくりと服を脱ぐことができた。
 店長に気を遣われたのかもしれない。一緒だと私が脱ぎにくいだろうという……。さすがに考え過ぎかもしれない。ただ単に、さっさとシャワーを浴びたいだけなのかも。

 全裸になりシャワールームに入ると、店長は「こっち来なよ」と言って手招きしてきた。
 私は「はい」と言って彼に近付いた。
 シャワールームは湯気で視界が悪くなっていたので、羞恥を感じることはあまりなかった。
 店長の間近まで行くと、腰を掴まれ抱き寄せられた。温かいシャワーが私の髪を濡らし、身体に流れていく。
 シャワーを浴びながら私たちはキスをした。けれど唇はすぐに離れる。店長の手が私のお尻を撫で回してくる。
 私は、敏感な箇所をいつ刺激されるのか、胸を高鳴らせながら待ち構えていた。夫とのセックスでは久しく感じていなかった昂揚感を自覚すると、ますます興奮が高まる。
 やがて店長はシャワーを止め、ボディーソープを手に垂らした。そして私の身体にそれを塗り付けてくる。
 私は、うぶな少女のように「んっ」と言って小さく震えた。ぬるぬるとした感触がとても心地良くて、敏感な箇所を触られるまでもなく、つい声を漏らしてしまう。
 下腹部を彼の手が滑るだけで、私は股間を疼かせた。

 店長の手は背中や腰を這い回るだけで、なかなか股間に来なかった。
 私は我慢できず店長に自分から抱き付き、唇を求めた。
 店長は、私の求めていることがすぐに分かったらしく、唇を合わせてくれた。
 私の方から舌を差し込むと、彼の舌に熱烈な迎え入れ方をされた。激しく絡み付かれ、強く吸われたのだ。
 キスをしながら私は店長に もたれかかり、自分の股間を彼の太ももに擦り付けた。それだけで私は甘い快感に浸ることができた。

 店長の手がついにお尻の谷間に侵入してきた。ボディーソープに濡れた手は、肛門とその周辺を粘液まみれにした後、さらに伸びて、陰唇にまで達した。
 そこに触れられただけで、私の脊髄に、ぞくぞくとした震えが走った。幸福感にも似た快楽だった。私はたまらず彼の太ももにさらに股間を押し付けた。
 クリトリスが擦れ、快感が膨れ上がる。
 そんな中、後ろから彼の指が膣口に入り込んでくる。
 私は彼に しがみ付き、体重を預けた。
 立っていられないほどの快感なんて初めてのことだったが、不思議と恐ろしくはなかった。
 彼の指が膣内を掻き回し始めると、後は早かった。
 私は官能の荒波に翻弄され、気付くと絶頂を迎えていた。
 これまでになく強く彼を抱き締めながら、大きく口を開けて荒い息を吐き出す。膣壁で指を食い締めたことで、私が今まさに絶頂していることを、彼も感じ取ったことだろう。
 なんとも野性的なイキ方だな、と自分でも思う。できることなら、口を閉じて、表情は軽く困り顔になるくらいで、可愛らしく脱力するのが良い。そういうお淑やかな絶頂を披露したいものだ。
 しかし現実は、まるで発作を起こしたかのように、切羽詰まった呼吸を繰り返し、全身に無駄な力が入ってしまうのだった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。