スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻と援助交際1 出会い系サイトで見付けた専業主婦とラブホへ

 去年の夏に出会い系サイトで見付けた人妻とセックスをしました。2万渡しましたけど。いわゆる援助交際というやつです。
 普通、援助するなら女子高生とかだと思いますが、当時の俺は30代の独身で、セックスに飢えていて、どうしてもヤリたかったんです。金を払うならソープでもヤレるわけですが、個人的に風俗は抵抗がありました。やっぱり素人の方が、なにかとね。
 その人妻は真理と名乗りました。どうせ偽名でしょうけど。24歳の専業主婦ということらしいです。多少はサバを読んでいたかもしれません。まあ、見た目は24でもまったくおかしくはない感じでした。女子大生でも通じるかもってレベルです。
 短めの黒髪。背は低め。痩せ型。服装は地味め。特徴を挙げるならそんなところです。
 メールで遣り取りしていた時からそうでしたが、真理は積極的に喋るタイプではありませんでした。だから、実際に会った時は、俺の方から色々と話し掛けてやる必要がありました。俺の方が金を払っているのに、こっちが気を遣ってやらなければならないんだから、援助交際というのも楽じゃありません。この点は風俗の方が気楽なんでしょうね。それでも俺は素人の方を選びますけど。

 駅で会って、すぐに近くのホテルに入ったら、さっそくキスをしながら真理の身体をまさぐりました。
「ん、待って……先にシャワーを……」
 真理はそう言って俺の手を掴みましたが、俺は構わず彼女の胸を揉みしだきました。
 ぶっちゃけた話、部屋でふたりきりになった時点で、もうこっちのものです。まどろっこしい手順なんて踏んではいられません。金を払っているんだという意識も手伝ってか、普段より少し強気になる俺でした。
 真理は結構 本気で抵抗をしていましたが、ベッドに押し倒され、上着を捲り上げられてブラジャーが見える段階になると、観念したようでした。
「わ、分かったから、服は自分で脱ぐから」
 なんか泣きそうになっていました。
 それを見て俺は「やりすぎたかな」と思いましたが、ペニスはすでに勃起していますし、性欲を抑えることなんてできそうにありませんでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。