スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻と援助交際4 精液まみれのペニスをフェラさせた

 射精が終わり、頭が冷静になってくると、さすがに「何をやってるんだ」と自問してしまいましたけれど、その気持ちを押し隠すため、俺はあえて強気な態度を取りました。ペニスを引き抜き、ゴムを外して、仰向けで寝ている真理の胸を跨ぎ、フェラチオを要求したのです。
「綺麗にしてよ、奥さん」
「え、そんなの、無理……」
 当然 彼女は拒絶します。
 しかし俺は無視してペニスを彼女の唇に押し付けました。
 コンドームに射精したばかりのペニスは、精液まみれのヌルヌルです。きっと精液の臭いは真理の鼻にしっかりと届いていたでしょう。
 真理は顔を顰め、頑なに口を閉じていたので、俺はペニスの先端を彼女の唇に滑らせ続けました。
 そのうちにペニスが再び勃起してきます。
 やがて真理は、根負けして口から力を抜きました。それでも自分から開いたりしないのは、せめてもの意地ってことなんでしょうか。

 俺は彼女の顎を掴み、無理やり開かせました。と言っても、彼女は脱力しているので、別に力尽くって感じではありません。軽く引っ張ったらそのまま口が開いたって感じです。
 容赦なくペニスを突っ込んでも、真理は顔を背けたりせず、渋々ながら咥えてくれました。物凄く嫌そうな顔をしてましたけれど。
 彼女の胸元を跨いだ状態で、俺は上から腰を打ち下ろし、ペニスをガンガン前後させました。真理が苦しそうな声を上げますが、聞こえていない振りをして、口内を犯します。フェラチオというより、イラマチオでした。
 ペニスの先端が喉の奥を押したりもしていたので、さぞ苦しかったろうと思います。俺は気持ち良かったですけど。興奮状態だからあんな酷いことができましたが、通常時の俺ならとてもできないことです。
 イラマチオで射精しても良かったのですが、やはりセックスの方が良いと思ったので、俺は適当なところで彼女の口からペニスを引き抜きました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。