スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣社員とセックス体験4 楽しい性ライフ

 3回目のセックスは、ベッドから下りて、立ったままやった。平沼都子には、壁に手を着かせ、俺は後ろから責め立てたのだ。そうしながら、彼女の肛門に指を入れていた。
「な、なにを……」
 さすがに抗議された。肩越しに振り返った彼女に対して、俺は「まあまあ、これくらい、いいでしょ」と言って、取り合わなかった。
 唇を噛んで視線を落とした平沼都子は、前に向き直った。
 俺は彼女の肛門に指を突っ込んだまま射精した。
 一晩で3回も出したのは、これが初めてのことだった。

 セックスをして数ヶ月が経つと、女たちは決まって怒りの形相を浮かべる。まあ、約束を反故にして、派遣社員のままにされたら、そりゃあ怒るだろうが。
 そういう時、俺は、「そんな約束なんてしてないだろ! 俺は自由恋愛をしていたつもりだったのに、そっちは正社員になるのが目的だったのか!」と逆ギレをすることにしている。
 すると女は大抵 怯む。
 まさか本気にしたわけではないだろうが、しかしまあ、もしかしたら本音なのかも、なんて思ってしまうと、なかなか相手を責められないものだ。
 そこで俺は、「なあ、俺たち、付き合ってるんだよな? 正社員とかそんなのと関係なく、俺たちはこれからも付き合うんだよな?」と言う。
 もう女はドン引きだ。俺みたいな馬鹿とこれ以上 関わり合いになったら、どうなるか分かったもんじゃない。そう思い、幕引きを模索し始める。
 馬鹿を演じるのは楽じゃないが、新しいセックス相手を見付けるたびに、いちいち正社員登用なんてしていられない。楽しいセックスライフを送るためには仕方のない手間なのだ。
 こうして平沼都子は俺の元から去っていった。
 そして俺はまた新しい派遣社員に声を掛けるのだった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。