スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニバイト中にフリーターの彼女と店内でセックス2

  俺と彼女は、レジの前でイチャイチャし始めました。最初は、お互いの身体を少しだけ触り合ったり、軽いキスをしたり、それくらいです。5分くらいはそんな感じで適当なことをやっていました。
 そうしていると、そのうちに気分が出てきて、俺は彼女のジーパンを下ろしました。カウンターのおかげで、外からは見えません。客は居ませんでしたが、いつ来ても安心というわけです。
 俺は、彼女のオマンコを触って驚きました。ヌルヌルしていました。クリトリスも硬くなっていて、そこを指で撫でてやると、彼女は腰をもじつかせました。やっぱり普段よりも興奮しているようで、濡れ方が激しかったです。
 俺の方も、いつもと違う場所でのエッチに興奮していて、すでにペニスは完全勃起状態でした。しかも、俺の家ではないというだけじゃなく、職場でのことですから、余計に興奮してしまいます。
 俺もズボンを脱ごうと思ったのですが、客が入店してきたのでやめました。
 彼女の方は少し焦っていたようでした。けど、そのまま下半身丸出しでいるように俺が言うと、渋々ながら従ってくれました。狼狽していながらもこの状況を楽しんでもいたようです。
 客は、週刊少年ジャンプを長々と立ち読みしていたので、なかなか帰りませんでした。
 俺は待ちきれず、レジの前で立っている彼女に股間に手を伸ばしました。客に隠れてエッチなことをするっていう、エロ動画の真似事です。
 後ろから何も言わずに触ったので、その途端、彼女は「んっ」と声を上げました。しかし小さな声だったので、立ち読み中の客は気付かなかったらしく、黙々とジャンプを読んでいました。
 そこで俺は、さらに彼女のオマンコを弄くり回しました。
 彼女は相当に感じているようでしたが、腰をくねらせながらも、必死に声を抑えていました。
 俺はもうたまらなくなって、ズボンとパンツを少しだけ下ろし、後ろから彼女に挿入しました。お互い立ったまま繋がったので、立ちバックです。
 客が居るせいで、思い切りペニスを出し入れするわけにもいかず、ゆっくりとした前後動しかできませんでした。ぶっちゃけ、客がうざかったです。まあ、あいつが居るからこそ、いかにもな店内プレイが展開できているわけでもありますけれど。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazari

官能小説家:kazari

アダルト小説タイトル
最新記事
官能小説リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。